コミュニケーションスキルの重要性

システムエンジニアというと、コンピューター開発のスペシャリストというイメージがあります。
そのため、高度なプログラミング技術がなければ務まらないと考える人は少なくありません。
しかし、システム開発のエンジニアの求人案件を見てみると、未経験者募集の求人も多いのが分かります。
プログラマーの仕事が未経験であっても、システムエンジニアの求人に応募することは可能です。
IT業界以外の分野からシステム開発の仕事に転職を考えている人も、プログラミングの仕事の経験がないからといって、不安に感じる必要はありません。
システムエンジニアとして重視されるのは、コミュニケーション能力です。
クライアントとの打ち合わせを通じて、どのような要望があるのかを引き出せる会話力や理解力があれば、十分に仕事は務まります。
確かに、システム開発に関する専門的な技術内容については、プログラマーなど周囲のスタッフのサポートが必要です。
しかし、コミュニケーション能力をフル活用できるなら、専門的知識を多少欠いていたとしても十分にシステムエンジニアの仕事は務まります。
そのため、例えば、営業職からシステム開発のエンジニアへの転職も十分に考えられるのです。
話術が巧みな営業マンなら、クライアントや開発スタッフとのコミュニケーションも円滑であり、開発現場で活躍できる可能性が高いでしょう。
システム開発に必要な専門知識は、転職してからでも仕事を通じて少しずつ学べます。
スタートラインに立つ時は、誰でも未経験です。
そこからいかに努力できるかが、本当の実力と言えるかもしれません。
心機一転、未経験の職種に挑戦することを思い切り楽しんでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です