伝える力をしめす

プログラミング未経験の人がシステムエンジニアを目指そうと思い立った時、当然ながら色々な不安もよぎるものです。
高校や大学、専門学校などで技術を身に付けている人と机を並べて働くとなった場合、その実力差は歴然です。
また、そもそも経験がないにも関わらず、システムエンジニアを目指しても、内定を貰うことができないのではないかと考える人は少なくありません。
結論から言えば、IT系エンジニアの求人において、未経験者を歓迎しているものは多数あります。
また、常に人材不足が懸念となっている業界ですので、業界や業務の傾向を把握しておけば、内定を得ることは困難ではありません。
大切なことは「なぜ自分がエンジニアを目指すのか」という志望動機と、自分の特技と能力について正確に把握しておくことです。
まず業務においては、「顧客・上司・部下・チームのメンバー」といったあらゆる人に対して、言葉を尽くして状況説明をする「伝える力」が欠かせません。
その力を示す方法の一つが、志望動機を説明して相手に納得して貰うということに繋がります。
次に、「システムエンジニアといえば激務」というイメージや不安が付きまといますが、仕事や分野によって異なるというのが現実で、単独開発・シフト制勤務・客先常駐などその在り方は様々です。
人によってどの環境が適しているかは大きく変わるため、「自分の得手・不得手」を明確にしておくことで、配属時のミスマッチを減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です