未経験からのスタート

未経験でシステムエンジニアへ転職することは可能か、という話は良くあります。
システム開発と聞くと、当然のことながらプログラミングの知識は必要と思うものですが、システムエンジニアは必ずしもプログラミングができなくても構わない仕事です。
システムエンジニアが最も大切にすべきなのは、クライアントが何を望むのかを的確に把握して、それを現場のプログラマーに伝えることです。
もちろん、実務に役立つ技術を持っている方がスムーズにコミュニケーションを図ることができます。
けれども全くの業界未経験でも、仕事にならないわけでは無いということです。
しかもシステムエンジニアは人材不足が続いています。
そのために、小さな開発では未経験者でも雇うケースがあります。
ただし、仕事を始めたならばプログラミングスキルなどは独自に習得するよう努力が必要です。
まずはクライアントが何を求めているのか、どんなシステムを必要としているのかをヒアリングすることから始めることです。
細かな動作などを絞り込んだら、設計ができるプログラマーに伝えれば良いわけです。
既存のプログラムを組み合わせることで済ませるならば、その基本的なプログラムの動きさえ理解すれば十分です。
できればコード解析をして、プログラムの流れまで理解できるようにすれば良いでしょう。
そのように少しずつ知識を増やしていくことで、さらに細かな作業ができるポジションへとレベルアップすることも可能です。
まずは既存のプログラムを組み合わせるような業務ができる会社を探すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です